オマケ | オマケ通販

憧れの島、リペ島



今年から定番入りしたオマガウン。




お尻も隠れ、パンツスタイルによく合います。

今回の生地は一見ウールに見えるのに、実はコットン。

少し起毛していて、チクチクもしない、ウールアレルギーでウールが着れない私みたいな方にはもってこいの布なんです。




私達のお気に入りが、あなたのお気に入りの1枚となりますように◎



------------------------


ここからは興味のある方だけお読み下さいリペ島日記。

太腿が痙攣しながら、リペ島行きの船のチケットを買いに行った。

前もここで船のチケットを買ったんだけどと言い、値切り始める友人。

船のチケットを値切る!?

驚いた。


結局値切りは失敗。

そりゃそうだ。


リペ島は、共通の友人が行った写真を見て以来の憧れの島だった。


すぐ出る便があるというので、飛び乗った。

船内はタイ人の観光客でいっぱいで、
出航すると持参のクーラーボックスからビールやウィスキーを飲み始めるタイ人観光客達。

それを見て、私は生唾を飲み込みました。


昨日も友達のお母さんが作ってくれた美味しい海鮮料理を食べつつ飲みたくても飲めなかったビール。

美味しそうに飲んでる…。
「そ、そのビールをどうか一本私に売って下さい…」

何度も言いそうになった。


しかし、お酒を飲まないムスリムの友達に悪い気がして言えなかった。


海に来てビール飲めないなんて…

バカンス(2日間ね)でビール飲めないなんて…


その後、私は見ないように目を閉じた。

ただひたすら目を閉じた。


どこかの島で船が止まった。


着いたのかと思ったら、どうやら絶対にここで降りて全員写真撮ったりするスポットらしい。





海がキレイ過ぎて、海に入る予定はなかったけれど、入りたくなって来た。



この島の滞在は10分程で、また船は出発。


リペ島に着いてまず驚いたのが人の数。

もっと静かで人の少ないイメージでした。

そしてマスコットキャラクター。

友達がどうしてもこのマスコットと撮ると言うので、
渋々写真。


手に持っているのは食べ損ねた朝ごはん。


人は多いけど、海がすごく綺麗でリペ島最高すぎる。

ますますビールへの情熱が高まる。


さぁ、島に到着後は宿探し!
しかし、綺麗な所がいいな…という私の思いは全く叶わないのでありました。

つづく。

オマケ通販
http://omake.shop-pro.jp


omake Instagram
https://www.instagram.com/omake_japan/?hl=en

Kung hu coat

チャイナボタンのかわいさにハマりにはまったおまけ製作部。

ジャケットも気に入っていたけれど、
丈が長いものも欲しいね、という話になり 今シーズンは作ってしまいました。










着丈が程よい長さの、まるでカンフー映画で着ていそうな作りの服。

ですが、もちろん普段着やすいように色々と工夫をしました。

肩幅を作らない作りなので、腕の動きは楽チンです。

どんな肩幅の方も着られるので、細身のメンズの方も袖丈が合えば着て頂けると思います。

身ごろの切り替えは、脇下から後ろに向かって少し斜めになるように切り替えました。

こうすると、着てボタンを留めた時に肩から腕を動かした時の動きがすごくスムーズで、
裏地がついているのにとても着やすいです。
すとんとしたシルエットですが、この切り替えによって面白いくらい着心地が変わりました。

襟は、チャイナクラッシックとは変えて、マオカラーっぽい襟を付けました。 苦手な方は折って着て頂いてもいいと思います。

両サイドには深めのポケット。

裏地はつるっと滑りが良い生地にしました。
表地は大好きなタイのインディゴ染めのワーク生地。
かっこよく色落ちしていく過程がとても楽しめる生地です。

裏地は付いていますが、厚さ的にそれほど厚い生地ではないので、
軽めのコートといった感じです。
寒い季節にはウールのコートに重ねてもらっても良いと思います。

生地の変化もろもろ、着こなしが楽しめる一枚が仕上がりました。

size;着丈86cm 身幅52cm 裄丈80cm 袖口幅14cm 襟高3cm
素材 表地cotton100% 裏地

※インディゴ染めの生地を使用しております。
色落ちをしますが、それを生地の味として捉えて使用しております。
お洗濯の際は単品で洗うことをお勧めします。
また、白い服と合わせて着用する時は色移りにお気をつけ下さいませ。
あと多少の染めムラ、傷があります。気になる方はご遠慮ください。

モデル women160cm, men165cm

omake通販
http://omake.shop-pro.jp

秋物と南タイの話の続き



秋物が続々と並んでいます。

寒いのは大の苦手ですが、コーディネートを考える時、重ね着の季節の秋が一番好きだなと思います。













今のところ1番人気はパンツ。
男女共にご注文いただいてます。
ありがとうございます◎



タイの南の村へ行った話は続きがあります。

友人の家は建設途中だったため、友人と近くの空き家へ布団と扇風機と蚊帳を持って行って寝る事に。

空き家なのでもちろん虫もすごい。

ここで寝るのか…
と、顔がひきつりました。

シャワーはあるものの、(いや、あれはただのホースだった。)
もちろん出るのは水のみ。

それでも贅沢は言ってられない。

水を浴びれるだけで感謝。


シャンプーリンス、石鹸もちゃんと持ってきていて良かった。


トイレもあるものの、友人は紙を使わないので、紙がない。

紙も持ってきていて良かった。


明日は7時に起きるよと言われ、
24時、様々な不安を抱き眠りについた。


翌朝、友人にシャワー浴びろと起こされた。
思わず日本語で「もう7時?!」
と聞いてしまった。

改めて、もう7時になったのか聞いてみると、知らないと友人は答える。

知らないのになんで起こしたんだろうと思った。

何時かと聞かれ、時計を見るとまだ6時だった。


タイ人は、朝晩とシャワーを浴びる。

私はよほど汗でもかかない限り夜しか浴びない。

でも顔を洗うのもシャワーを浴びるのも一緒なのでシャワーを浴びる事に。


早朝の水シャワーは、いくら南タイとはいえ、非常に冷たく、息が止まるかと思った。


身支度を整え、ご両親に挨拶をして出発。

どこへ行くのかと聞いたら、リペ島に行くと言う。

ここからリペ島へ行く船に乗るにはバイクで1時間半。

走って1時間、友人のおばあちゃんの家に寄り、バイクを預けおじさんに送ってもらう。

まさかのバイク3人乗りで30分。

1番後ろだった私は、バイクから降りてからもしばらく腿がプルプル痙攣してた。

続く。

http://omake.shop-pro.jp

タイとマレーシアの国境の村



新作出ました。























もうだいぶ前になるのですが、ムスリム(イスラム教徒)が90%をしめるマレーシアとの国境の南タイの、とある村へ出掛けてきました。







初めて見る日本人の私に群がる子供達。

「イルカ見たい?」

「えー見れるのー?」

「うん。すぐ近くで見れるよ」

「えー行きたい!」

「今の時期見れない」

(なぜ聞いた……)
「えー残念ー!また来るー!」

そして私の五本指ソックスに興味深々な子供たち。

今度買ってくるねと約束し、すでに用意し、出番を待っている五本指ソックス。



夕食の時間。





初めて食べる物を食べる私を見る為に近所の人が集まってきた。

うまく食べる事の出来ない私見て、
大人も子供も大爆笑。


外で食べたので画像が暗くて分かりにくいのですが、この貝をまず上から吸い、

身を引き上げ、



下から又吸って食べるとの事。


すごく難しい。

全く意味がわからなかった。


現地の食べ物を、逃してなるものか、という一心で、
やっと食べれた私を見た人々は、
すごく喜び、そしてバラバラと散って行った。


そして、みんな魚を手で上手に食べていた。
挑戦したけれどうまく食べれない。

私にはやはり慣れ親しんだ箸が1番綺麗に食べれる気がする。



今月末も遊びに来ないかと誘いを受けたけれど、さすがに長く休んだ後なのでまた次回。

近ければいいけれど、ここへ行くには飛行機に乗って行っても1日がかりなのだ。


自分は子供が7人いる。
君の父はたったの3人か!
俺の方がすごいな!
と笑っていた友達のお父さん。
そして自分達の家を自分で作っていたお父さん。



お家はもう完成しただろうか。


その日、私の友達である、自分の娘の誕生日を忘れ、私の為に腕をふるって美味しい御飯を作ってくれたお母さん。

初めて会った私を暖かく迎えて下さった村の人達。

また会いに行きます。







omake通販
http://omake.shop-pro.jp

booooton onepiece

omake/ booooton onepiece



残りわずかになってきましたが、開けて着るとこんな感じになります。



ついつい、「旅のお供」がコンセプトになってしまいがちな私達。。。
全員旅が好きだから仕方がない。

ワンピースにもなり、羽織にもなります。

まさに旅に持って行くと1枚2役で便利なのです。


今後も秋物が続々と登場予定です。
omake通販
http://omake.shop-pro.jp

秋物が出始めました


秋物の第二弾が出ました。

ワンピースだけれど、羽織としてもオススメです。

ボタンを外して着ても左右にボタンが並ぶのでとっても可愛いのです。


















マレーシアと日本での夏休み。

ずいぶん長い事お休みをいただき、家族とゆっくりのんびり、楽しく過ごさせていただきました。





家族みんなとこんなに多くの時間を過ごしたのは久しぶりでした。


また頑張ります。

omake通販
http://omake.shop-pro.jp

omake mugen shirts


季節の変わり目に無性に着たくなるのがシャツです。









ちょっと肌寒くなったり、ちょっとだけ暖かくなったり。
そんな新しい季節を迎えるのになんとなく襟付きのシャツを着ると 気分がぴしっと切り替わるから不思議です。

日中はまだまだ暑いけれど、日除けにもなるしちょっと早めに秋の準備をしようと思い、 今回はシャツを仕立ててみました。

少し着丈の長めのシャツです。
小さな襟は大好きな形で、ニットなどの重ね着をした時にもかわいい形です。



ちょっと特徴的なのはボタンです。
前たてをループのようにして、一ヶ所だけボタンで留めました。
インナーを着て頂いて重ね着をしても良い感じです。

腰あたりには切り替えを入れ、ポケットを2つ付けました。
こちらは、サイドのカットとの兼ね合いで 大きさはいつもよりも小さめなポケットです。

裾はサイドが少し短め、後ろは前よりも少し長めになっています。

そして、1番のポイントは台衿の部分に付けたルー族の生地です。
チラッとだけ見える民族生地が、主張しすぎないけど普通のシャツとは違う雰囲気を出していると思います。

前身頃、袖とそれぞれ付いているボタンはメタルボタン。
こちらも海外で1つひとつ探してきたボタンです。

こちらも生地の関係で仕上がり枚数は少なめになってしまいました。

ぜひ袖を通して頂きたい一枚です。

Size;着丈 前80m後85cm 身幅54cm 肩幅39cm 袖丈56cm 袖口巾10cm 襟巾3.5cm 素材;cotton100%
モデル身長;160cm
※ ルー族の生地の部分は、拡大画像をそれぞれご確認下さいませ。
(モデルが着用しているものとは異なります)

omake通販
http://omake.shop-pro.jp

Omake/mitsume cardie

暑い国に行った時に、まずやられるのはクーラーです。

暑い中、一休みしようとカフェに入るとどこも効きすぎでしょ!というくらいの冷房。

電車やバス、飛行機の中も極寒です。

うっかり外の気温のままの服装で中に入って一休みすると、 その後のど痛や腹痛にやられてしまうことが多く、何かと面倒なのです。

なので、いくら暑くても薄手の上着や大判のストールは欠かせません。

こちらは薄手のコットンで作ったカーディです。









前身ごろだけ生地を2枚使い、着たときにふわっと動きが出るようにしてあります。









ボタンは大好きなアカ族の頭飾りを使用。

反対側に付けたループに引っ掛けて留めてもらう形です。

内側の生地のいろは、同系色の少しだけ濃い色の生地を使用。
ちらっと見える感じがかわいいです。

裾に向かって少しだけ広がるデザインで、 重なって揺れる裾がひらひらと動き、きれいなデザインです。

肌触りの良い薄手の軽い生地なので、 今の季節の冷房や日よけとして着て頂けます。

シンプルなデニムなどに合わせてどうぞ。

Size;着丈63cm身幅57.5cm肩幅36cm袖丈53cm袖口幅15cm
素材;cotton100%


omake通販 http://omake.shop-pro.jp

マレーシア 2




バスに乗り1時間。
少し遠出して出掛けたブルーモスク。
2年前にモスクを見てから、その美しさにはまっています。


モスクへ入る際は、入り口で身体をすっぽり覆う服と、女性は頭と首を隠すヒジャブを借りて入ります。

これが絶妙な感じで、本人はいたって真面目なのに、写真を後から見たらどう見てもコントにしか見えなかったという…
お見せ出来ずに残念です。

ここのモスクはガイドさんと一緒に周るようで、観光客は私だけだったので、ゆっくりと説明を聞く事が出来ました。






世界には色々なモスクがあり、
その国によって様々なモスク。
ここのモスクもとても美しく、とっても素敵でした。

天井のドームは思わず声が出てしまうほど。
(撮り方のせいなのか全く立体感が出ません…)


夕暮れに訪れる事が出来なかったのがすごく残念。
夕暮れのブルーモスクはすごく神秘的なんだそうです。
次はピンクモスクも訪れてみたいです。



話は変わり、最近メガネを頭の上に載せてはメガネを探し、
鍵を手に持って鍵を探し、
部屋着の短パンを履いているのに短パンを探してしまう私。

まさか自分にこんな日がやってくるとは。

頭に効くのかはわかりませんがせっかくチャイナタウンにいるので、食べず嫌いだった亀ゼリーを食べてみました。



苦いと思っていた亀ゼリーでしたが、母がよく私に飲ませる漢方茶に比べたら全く苦くはありませんでした。

そして、なんだか亀ゼリーを食べたら肌が綺麗になったような「気」がしました。

(鏡が曇ってたかな。)

そんな、「気」のせいにつられて、亀ゼリー屋さんで買ってみたお茶。


さぞかし苦いかと思いきややはり母の漢方茶に比べたら全く。
しかし身体に効きそうな感じがたまりません。
頭も大事ですが、お肌にも気を使う年齢の私は亀ゼリーも漢方茶も2日連続で頂きました。(必死)
もっと早く食べれば良かった。

確かあんまり好きじゃなかった肉骨茶も身体に良いかもと思い食べ、やっぱりあまり好きじゃ無いかも、と思いつつ、食べだしたら美味しくなって、漢方の味がたまらず完食。


大好きな福建麺も、やっぱり二回食べました。



念願のワンタンミーも、ドライとスープで二回食べました。




大好きなニョニャラクサも。


タイのカオソーイを更にマイルドにした感じでとても美味しい。

最終日は苦手な早起きを成し遂げ、空港へ向かう前に最後の1食!と思い、朝6時からやっているビリヤニのお店へ。

こちら店内大混雑。
空いてる席に相席を頼んで着席。

オーダーしてもなかなか出てこず、見兼ねた相席のおじさんとおばさんが2回もオーダーしてくれ、それでも忙しいのかダメで、今度は出てきたお料理係さんを呼びつけオーダーしてくれやっと食べれたビリヤニ。
朝からこれキツイかなーと思ったけれど、そんな事は無く、美味しく頂きました。
この店は又絶対に行きたい。



朝早く起きて、外を歩くのって気持ち良い。




毎日は無理だけど。
早くと言っても起きたの7時だけど。

旅先で早起きして外を歩くのもたまには良いかもしれない。



まだまだ食べ足りないマレーシア。

次はクアラルンプール以外の町や島を旅してみたいです。
ペナン島とか。
マラッカとか。
2年前に訪れたティオマン島にももう一度行きたい。

行きたいところが多すぎてきりがありません。


ひとまず旅は終わりにして、日本へ帰ります。

10年以上ぶりに見る長岡花火が楽しみです。


omake通販
http://omake.shop-pro.jp

マレーシア 1


マレーシアの空港に着き、
バスのチケットを買い、
携帯のsimカードを購入し、
バスに乗り込みました。

チャイナタウンのホテルにチェックインを済ませ、
遅めの昼ご飯を食べに外へ出ようとしたらなんと雨。
部屋に引き返そうと思ったけれど、確か濡れずにフードコートまで行けた気がすると思い、外へ。

3、4件先に見つけた懐かしいフードコート。

確か2年前も着いたその日にここのフードコートへ来て同じビールを飲み、福建麺を食べました。



食事を済ませると雨はすっかり上がり、前日ほとんど寝てないせいか襲ってくる眠気。

(豚になるパターン)

部屋でひと眠りしたらもう真っ暗で、お目当のワンタン麺を食べに外へもう一度繰り出しました。

地図を持たなくても、歩くと思い出す街。

が、そのワンタン麺はあいにくの品切れで閉店。

ならば、チキンライス、と思ったら閉店…。
ここは早く閉まるのを忘れていました。


もうどこでもいいやとチキンライスの二軒隣の賑わっているお店へ。

台湾のビーフヌードルと同じような物かと思い、ビーフヌードルを頼んだら予想を遥かに超えた物が登場。

想像では台湾みたいなビーフヌードルを期待していたので、
正直、口がこの麺を食べたい気分では無かったけれど、一口食べたら美味しくて、
持って来てくれた青唐辛子をじゃんじゃんかけて汗をカキカキ、ペロッとたいらげました。




今のところ面白いハプニングもなく、過ごしています。

笑いを提供出来ずにすみません。

写真を撮っては無理矢理、幼馴染みや、旅好きの友達や、可愛いくない弟と可愛い弟に送っています。



思えば、1人でのんびり旅行なんて、した事がないかもしれない。
(覚えていない可能性、大いにあり)

1人旅のほとんどが仕事だったり、現地で誰かと合流したり。

こんな風に、1人でカフェで本を読みながらゆっくりコーヒーを飲む時間も、
ここ数年なかった気がします。

(私の場合、時間があればとにかく睡眠とビールを優先)



マレーシア日記もう少しお付き合い下さい◎


http://omake.shop-pro.jp


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Omake(オマケ) on Facebook

Recent entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

Profile

書いた記事数:344 最後に更新した日:2017/09/20

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

みんなのブログポータル JUGEM