オマケ | オマケ通販

dottera coat


我がomake製作部のスタッフ、男女合わせて最大身長差が22cm(156cm〜178cm)。

その身長差でも着られるアウターがついに出来ました。



本当にどうした、omake製作部。
今年はメンズも着られるものが続々と仕上がっています。



ワンボタンのコートです。
以前、レディースのワンボタンのものを作りましたが、 だいぶ細身に仕上げた前回のコートと違い 今回は背の高い方も着られます。



脇下部分から裾に向かって細くしたデザイン。
そのため、身長があまり高くない女性も着られます。

身長の高い男性が着るとロングジャケットのような雰囲気。
女性が着ると、ちょっとボリュームのあるアウターといった感じで、 ぶかっと感がとてもかわいいのです。

肩はドロップショルダー。
アームホールが記載してありますが、 実際にアームホール部分は女性が着ると二の腕くらいの位置にきます。
ここも、男女兼用で着られるポイントです。
女性が着ると袖が長めなので、くるくるっとロールアップしてみてくださいね。
もしくは、すごーく細身の方は思い切って袖丈は直してしまうのもおすすめです。

素材はコットン。
パリパリっとしたような、でも触った感じは肌に吸い付くようななんと言うか コットンでも肌触りが良く風合いが面白い生地を使いました。

ボタンは今回は民族生地を使って作りました!


1つひとつにハンドステッチが入っていて、シンプルなコートに暖かな雰囲気が出ます。

首元はVネック。
ボリュームのあるストールやマフラーも合わせられます。
普通そうに見えて、Vネックの開き具合やボタンの位置によって 雰囲気が大きく変わります。

裏地がないので、脱いだ時に裏が見えても綺麗なようにと 裏側の処理も気を配りました。

今の季節の軽めのアウターとして、 寒くなって着たらコートの内側に。

ボス、スタッフ一同もお気に入りの一枚が仕上がりました。



モデル160cm

Size;着丈104cm 身幅57cm 裄丈80cm アームホール20cm 袖口幅12.5cm 素材;cotton100%



omake通販
http://omake.shop-pro.jp

kochi shirts JK


メンズのリリースが続きます。
前々から温めていたメンズが、ここに来て一気に仕上がって来ています。

どうしたomake製作部。
今年はなんだかいつもよりもモリモリと製作しています。

こちらも、バリバリっとしたコットン生地を使ったシャツジャケットです。






なんと裏地も付けました。
真夏以外着ていただけるように、半裏の裏地にしました。

形はシャツですが、ジャケットとして機能する厚さです。

ポケットだってたくさん。
表には、蓋つきのポケットが二つ。
内ポケットも二つついています。

これがまたとっても便利!
iphoneが入る大きさのポケット。
ちょっとしたメモやペンも入れられますし、 子供とお出かけした時に、こっそりと渡すおやつを隠しておくこともできます。

また、肩の作りも特徴的です。
前から見ると普通のシャツですが、背中側の作りがラグランなのです。
ボスが着た時になんだかしっくりくるなー、とコメントしていたように、 よくあるシャツジャケットよりも着やすいのです。

そして、何よりのポイントとして 大好きなアフガニスタン・コチ族の生地を使いました。
ダークトーンの中にひときわ映えるポップな色合いが秋冬の重い色合いの中で良い感じです。
脇の下にライン状に入れたので、動くとちらっと見えます。

民族生地の部分は同じものがないので、 それぞれ一点ものです。

今シーズンのメンズはお試しも兼ねているので お値段は控えめで手間をかけました。

ぜひともお試しいただきたい一枚です。

size: 着丈72cm 身幅55cm 裄丈81cm 衿幅6.5cm 袖口幅14.5cm
cotton100%(コチ生地部分を含まず)

通常のLサイズに近いです。
着用モデルは165cmの細身の体型なので、袖をロールアップして 少し大きめに着ております。
画像にはありませんが、178cm76kgのomakeボスがジャストサイズで着られます。


※一度洗いをかけて仕上げております。 デニムのような感じで、生地にアタリが出る生地を使用しております。
折り曲がった所などに筋のような感じのものが出てきますが、 それもまた風合いとして捉えております。

自分だけの身体に馴染む感じをお楽しみ頂ければと思います。

※民族生地部分は古い生地を使用しております。
選ぶ時に確認はしておりますが、多少のシミ、ほつれなどがある場合がございますので、 そのような事をご理解いただける方のみご購入をお願い致します。



実店舗は11/9より11/30まで再オープン予定です。
omake通販
http://omake.shop-pro.jp

RT onepiece


近頃すっかり字を書く機会も少なくなり、漢字や書き順を日々忘れていっている私。

最近朝食の後に写経を始めました。

字をゆっくり書く事と、物忘れ防止の為に始めた写経でしたが、
よく調べてみると精神の安定などにも繋がるそうですね。

高校を卒業するまで書道を習っていましたが、今こうやってゆっくり字を書いてみると自分の癖がよくわかり、これを習っている時に気付けば良かったなと、書道から離れて20年近く経ちようやく反省しているところです。

忘れっぽいので、時々写経をする事も忘れてしまいますが、生活のリズムにうまく取り入れていきたいと思います◎



さてさて、新入荷のお知らせです。

今まではコートとして作っていたアイテムですが、
ワンピースとして着たいなあ、と思ったので 生地を変え、ちょっとアレンジをして作ってみました。







何度か作っていて自分でも生地違いで着ているほどお気に入りワンピースです。
縦長のすっきりとしたライン。

後ろのほうが少し長めになっているデザインです。

厚手のシャツ生地といった感じの生地です。

前たての部分、比翼仕立ての内側にはインド綿の植物柄の生地を合わせました。 チラリと見える柄が着こなしのアクセントとなります。



襟元は小さめのスタンドカラーです。
ストールを巻いても邪魔をすることがない、巻物好きにはとても便利な襟です。

細かいところにこだわった、ずっと活躍しそうな一枚が出来ました。









size:着丈94cm/100cm身幅52cm肩幅37cm袖丈56cm

モデル160cm



実店舗は11/9-11/30まで再オープン致します。
Omake通販
http://omake.shop-pro.jp

店舗再オープンのお知らせ



いつもありがとうございます。

来月11月9日より、11月30日まで短い期間ではありますが、店舗を再オープン致します。

営業時間は11:00-18:00


お休みは月曜日です。


期間中は素敵なイベントを現在計画中です。


ぜひ遊びにいらしてください。





Omake通販

http://omake.shop-pro.jp

XXX one piece


パンツにワンピース、という組み合わせが好きで、 暑くない国に行く時には荷物が少なくなることもあり必ず持っていきます。
合わせる靴を変えれば、街着にもちょっとしたお出かけにも使えるところも便利です。

今回仕上げたのは、大好きなリネンを使ったワンピース。








首元はあまり開けすぎず、小さめの作りです。
背中側にファスナーと付け、着脱を楽にしていただけるようにしてあります。

前側は、小さめの、ゆるやかなVネックのシンプルなラインのワンピース。
ポイントになるよう、小さなターコイズを縫いつけました。
一粒のところもあれば、3粒付けたところもあります。
それぞれ、バランスを見て付けたつもりです。
所々にハンドステッチで刺繍も加えてあります。

後ろ側は4カ所にタックを入れ、少しだけふわっとした形に仕上げました。
ですが、全体的にぶわっとした膨らみはなく、どちらかというとすっきりと仕上がっていると思います。

両サイドにはシームポケット。
形は違えど、これだけは譲れないポイントです。

ロングニットやガウンなどを合わせて着たり、 インナーを工夫していただければ寒くなってからも十分に着られます。
もちろん、素材上春まで着ていただけます。








石の個数や、ステッチに手間がかかることもあり あまりたくさんは仕上げられませんでしたが、自分でも納得の仕上がりになりました。

size/着丈93cm身幅51cm肩幅37cmアームホール24.5cmそで丈54.5cm袖口幅12.5cm
※すべて平置きで計測しました

素材/ linen100%

※石のビーズを縫いつけております。  お洗濯の際は優しく手洗いをしていただくことをお勧め致します。

写真着用ガウンはomagown!今年のomagownは厚手の生地でオススメです!!!

Omake通販
http://omake.shop-pro.jp

omake husahusa big stole


omake製作部より、久しぶりのストールが仕上がりました。









大好きなダブルガーゼのストールです。 今回は、多くの方にお試しいただきたいと思い大サービス!

お手頃なお値段でご用意しました。 しかも今回は巾着付き! 鼻血が出そうです。




大好きなダブルガーゼの大判ストール。
洗いをかけたふんわりとした感じがたまらない、肌触りの良いストールです。

生地の間に空気を含むので、秋冬でももちろん大丈夫です。
ウールのちくちく感が苦手な方でも安心して巻いて頂けます。

今回の色は、ダークカラーに映えそうないつもとはちょっと違う色合いを選び、 染めてもらいました。
赤っぽいワインのような色も、グレーがかかったような水色も、 シーズンを問わず、コーディネートのアクセントととして使っていただける色だと思います。





ベースの色に合わせた色の アフガニスタンのタッセルを縫い付けました。
ビーズがまた良い感じに効いています。

巻いた時に、このふさふさっとしたパーツがアクセントになり とてもかわいいんです!!!

男女を問わずに使ってもらえるアイテムです。
プレゼントにもとても喜ばれると思いますよ。

大きいので、体にぐるっと巻いたり、ちょっとしたブランケット代わりにも使える 便利なアイテムです。
ふわふわのガーゼに包まれる幸せをぜひどうぞ。

size:107×187cm
cotton100%

※後染めの製品です。染める際に多少の縮みがあるため、サイズはおおよそのサイズとしてお考え下さいませ。


Omake通販
http://omake.shop-pro.jp

メンズジャケット HTJK


最近、メンズは作らないんですか?
というお問い合わせを沢山頂くようになりましたので、 今シーズンはメンズや男女兼用で着られるものも多めに作ろうか、という話になった製作部。

夫と兼用で着られれるものが増えたので、
旅先での荷物がぐっと減ったのは嬉しい誤算でした。

さて、今回はメンズのアイテムです。
張りのある少し厚手のコットン生地を使い、 ノーカラーのジャケットを作りました。



素材はcotton100%。 デニムのような生地感で、洗っていくとブルーデニムのようにアタリが出てくる生地です。



デニムはユーズド加工よりもノンウォッシュのばりばりっとしたものを選び 履き込んで自分だけの1着にするのが大好きですが、
こちらもまさにそのような感じです。 服を自分で育てていくような感覚がたまりません。



襟元はノーカラーのVネック。


サイズはメンズのMからLサイズ。
どちらかというとLサイズに近いです。
着用モデルは165cmの細身の体型なので、袖をロールアップして 少し大きめに着ております。

画像にはありませんが、178cm76kgのomakeボスがジャストサイズで着られます。

Size;着丈69cm身幅55cm肩幅45cm袖丈60cm袖幅19cm袖口幅13cm
※すべて平置きで計測しています

両サイドにイスラムポケット。
胸元にはペンと小さなメモが入るくらいのポケットもあります。

メンズのノーカラージャケット、今までノーマークでしたが とても良いものが仕上がったと思います。

ウールを切る前の季節にぜひどうぞ。


※ワンウォッシュした状態でお届けしますので、 生地に若干のアタリが付いておりますが、それも味だと捉えております。 ご理解頂ける方のみのご注文をお願い致します。


Omake通販
http://omake.shop-pro.jp

憧れの島、リペ島



今年から定番入りしたオマガウン。




お尻も隠れ、パンツスタイルによく合います。

今回の生地は一見ウールに見えるのに、実はコットン。

少し起毛していて、チクチクもしない、ウールアレルギーでウールが着れない私みたいな方にはもってこいの布なんです。




私達のお気に入りが、あなたのお気に入りの1枚となりますように◎



------------------------


ここからは興味のある方だけお読み下さいリペ島日記。

太腿が痙攣しながら、リペ島行きの船のチケットを買いに行った。

前もここで船のチケットを買ったんだけどと言い、値切り始める友人。

船のチケットを値切る!?

驚いた。


結局値切りは失敗。

そりゃそうだ。


リペ島は、共通の友人が行った写真を見て以来の憧れの島だった。


すぐ出る便があるというので、飛び乗った。

船内はタイ人の観光客でいっぱいで、
出航すると持参のクーラーボックスからビールやウィスキーを飲み始めるタイ人観光客達。

それを見て、私は生唾を飲み込みました。


昨日も友達のお母さんが作ってくれた美味しい海鮮料理を食べつつ飲みたくても飲めなかったビール。

美味しそうに飲んでる…。
「そ、そのビールをどうか一本私に売って下さい…」

何度も言いそうになった。


しかし、お酒を飲まないムスリムの友達に悪い気がして言えなかった。


海に来てビール飲めないなんて…

バカンス(2日間ね)でビール飲めないなんて…


その後、私は見ないように目を閉じた。

ただひたすら目を閉じた。


どこかの島で船が止まった。


着いたのかと思ったら、どうやら絶対にここで降りて全員写真撮ったりするスポットらしい。





海がキレイ過ぎて、海に入る予定はなかったけれど、入りたくなって来た。



この島の滞在は10分程で、また船は出発。


リペ島に着いてまず驚いたのが人の数。

もっと静かで人の少ないイメージでした。

そしてマスコットキャラクター。

友達がどうしてもこのマスコットと撮ると言うので、
渋々写真。


手に持っているのは食べ損ねた朝ごはん。


人は多いけど、海がすごく綺麗でリペ島最高すぎる。

ますますビールへの情熱が高まる。


さぁ、島に到着後は宿探し!
しかし、綺麗な所がいいな…という私の思いは全く叶わないのでありました。

つづく。

オマケ通販
http://omake.shop-pro.jp


omake Instagram
https://www.instagram.com/omake_japan/?hl=en

Kung hu coat

チャイナボタンのかわいさにハマりにはまったおまけ製作部。

ジャケットも気に入っていたけれど、
丈が長いものも欲しいね、という話になり 今シーズンは作ってしまいました。










着丈が程よい長さの、まるでカンフー映画で着ていそうな作りの服。

ですが、もちろん普段着やすいように色々と工夫をしました。

肩幅を作らない作りなので、腕の動きは楽チンです。

どんな肩幅の方も着られるので、細身のメンズの方も袖丈が合えば着て頂けると思います。

身ごろの切り替えは、脇下から後ろに向かって少し斜めになるように切り替えました。

こうすると、着てボタンを留めた時に肩から腕を動かした時の動きがすごくスムーズで、
裏地がついているのにとても着やすいです。
すとんとしたシルエットですが、この切り替えによって面白いくらい着心地が変わりました。

襟は、チャイナクラッシックとは変えて、マオカラーっぽい襟を付けました。 苦手な方は折って着て頂いてもいいと思います。

両サイドには深めのポケット。

裏地はつるっと滑りが良い生地にしました。
表地は大好きなタイのインディゴ染めのワーク生地。
かっこよく色落ちしていく過程がとても楽しめる生地です。

裏地は付いていますが、厚さ的にそれほど厚い生地ではないので、
軽めのコートといった感じです。
寒い季節にはウールのコートに重ねてもらっても良いと思います。

生地の変化もろもろ、着こなしが楽しめる一枚が仕上がりました。

size;着丈86cm 身幅52cm 裄丈80cm 袖口幅14cm 襟高3cm
素材 表地cotton100% 裏地

※インディゴ染めの生地を使用しております。
色落ちをしますが、それを生地の味として捉えて使用しております。
お洗濯の際は単品で洗うことをお勧めします。
また、白い服と合わせて着用する時は色移りにお気をつけ下さいませ。
あと多少の染めムラ、傷があります。気になる方はご遠慮ください。

モデル women160cm, men165cm

omake通販
http://omake.shop-pro.jp

秋物と南タイの話の続き



秋物が続々と並んでいます。

寒いのは大の苦手ですが、コーディネートを考える際、重ね着の季節の秋が一番好きです。













今のところ1番人気はパンツ。
男女共にご注文いただいてます。
ありがとうございます◎



タイの南の村へ行った話は続きがあります。

友人の家は建設途中だったため、友人と近くの空き家へ布団と扇風機と蚊帳を持って行って寝る事に。

空き家なのでもちろん虫もすごい。

ここで寝るのか…
と、顔がひきつりました。

シャワーはあるものの、(いや、あれはただのホースだった。)
もちろん出るのは水のみ。

それでも贅沢は言ってられない。

水を浴びれるだけで感謝。


シャンプーリンス、石鹸もちゃんと持ってきていて良かった。


トイレもあるものの、友人は紙を使わないので、紙がない。

紙も持ってきていて良かった。


明日は7時に起きるよと言われ、
24時、様々な不安を抱き眠りについた。


翌朝、友人にシャワー浴びろと起こされた。
思わず日本語で「もう7時?!」
と聞いてしまった。

改めて、もう7時になったのか聞いてみると、知らないと友人は答える。

知らないのになんで起こしたんだろうと思った。

何時かと聞かれ、時計を見るとまだ6時だった。


タイ人は、朝晩とシャワーを浴びる。

私はよほど汗でもかかない限り夜しか浴びない。

でも顔を洗うのもシャワーを浴びるのも一緒なのでシャワーを浴びる事に。


早朝の水シャワーは、いくら南タイとはいえ、非常に冷たく、息が止まるかと思った。


身支度を整え、ご両親に挨拶をして出発。

どこへ行くのかと聞いたら、リペ島に行くと言う。

ここからリペ島へ行く船に乗るにはバイクで1時間半。

走って1時間、友人のおばあちゃんの家に寄り、バイクを預けおじさんに送ってもらう。

まさかのバイク3人乗りで30分。

1番後ろだった私は、バイクから降りてからもしばらく腿がプルプル痙攣してた。

続く。

http://omake.shop-pro.jp


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Omake(オマケ) on Facebook

Recent entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

Profile

書いた記事数:351 最後に更新した日:2017/10/14

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

みんなのブログポータル JUGEM