オマケ | オマケ通販

二十歳



昨日は全国各地で成人式。

成人式を迎えた皆さんおめでとうございます。


私の故郷でもあるOMAKEのある新潟県十日町市は、
成人式は5月3日なのです。


残念ながら私は1度も振袖を着る事がなく、年を重ねてしまい、
一昨年、弟の結婚式で着物を初めて着させていただきましたが、
振袖は遠慮しました笑


20代の前半は、葛藤が多くて、悩みも多くて、苦しかった。


きっと多くの人が、同じように悩んで、通ってきた道。


今振り返ると、何をそんなに悩んでいたんだろうと思うけれど、
乗り越えなければならなかった事であって、
それを乗り越えたからこそ今の自分があるんじゃないかなと、

でも、乗り越えられたからこそ言える事なんだよな、とか、そんな事を考えています。



考え事なら今もたくさんあって、
悩みは何歳になっても尽きないけれど、
適当に?適度に?悩み事と考え事と付き合って行きたいと思います。


まだまだ寒い日が続きます。
お身体に気をつけて下さいね。
omake通販
http://omake.shop-pro.jp



あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。




お正月はいかがでしたか?

2018年もどうぞよろしくお願い致します。

明日1月5日より発送を開始致します。


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

私は昔からお餅とか、
おこわとか、お赤飯があまり好きではないのですが、いざ日本を離れてみると、元旦の朝、必ず食べたくなる物があります。


お盆か、お祭りだったか、両親の実家に行くと、必ずお赤飯が出てきて、困った思い出があります。

嫌いという事をずっと打ち明けられず、
白いご飯もあるよ、どっちがいい?

と言われると、ほっとしたものです。


お正月の朝に、お雑煮を食べるという習慣も苦手で、お正月を両親の実家で過ごしていた子供の頃は、
お汁粉もあるよ、どっちがいい?

と言われると、どっちも嫌だと言えず、これまた困り、頑張って食べていたという思い出も。


大人になり、
新潟に戻り、
お正月に家にいるようになった頃には、
母はお正月は仕事という職についていたので、
元旦の朝、父がいつもお雑煮作ってくれていました。

弟達が結婚して家を出て、元旦の朝に、
私とたった2人きりになっても、
父は決まってたっぷりのお雑煮を作っていました。


朝起きると、

雑煮作ってあるよ。

と言われ、

好きじゃないんだけどな…

と思いつつ、しぶしぶ頂くというそんな繰り返し。


日本を離れる直前のお正月に、思い切って、

私、お雑煮好きじゃないんだけど。
そもそもお餅が好きじゃない。

と言ってみました。


そしたら父は、

俺も雑煮好きじゃない。
そもそも俺も餅が好きじゃない。


え!!
だったら作らなくていいよ!
私達しか食べる人いないんだし。

と言ったら、

でも、元旦の朝は、やっぱりこれを食べなきゃ1年が始まらない気がするし、ダメな気がする。

と言うので、

そうだね。

と言って、
いただきました。



こうして日本を離れてみて、
元旦の朝になると、
好きでもないのに、
父のお雑煮が食べたいなと思います。


今年も父はお雑煮を作って1人食べていたのでしょうか。


無いと無性に食べたくなるもの、
ありますよね。



omake通販
http://omake.shop-pro.jp




タイ最後の楽園 リペ島


※年内の発送は明日が最後となります。
年明けは5日より発送を開始致します。


先月お店番中にお客さんとリペ島の話になり、タイ最後の楽園とも呼ばれているらしいリペ島のブログが完結していないことを思い出しました。

気になる人だけお読みください。
一気に完結させたいと思います。




リペ島に上陸後、友達の友達がいるというダイビングショップへ。


残念ながら友達の友達はいなかったけれど、 シュノーケリングをやるかやらないか、
という話になり、
友達はlady's dayで入れないし、

私も水着を持ってきていないから入らない。

と言ったら、ショップの人と友達は、
レギンス持ってるならレギンスで入ればいい。
せっかく海に来て潜らないなんてもったいない。
上はTシャツで。

と口を揃えて言う。

レギンスで海?

それはノーパンでレギンスを履くのだろうか?

ありえない。ヤダ。

と言うと、2人で日本人は恥ずかしがり屋だからねー。
と言った。


恥ずかしいとかそういう問題じゃないけどだったら短パン買って入るよ。

と、短パン探し。


さすがリゾート。

値段が高い。


何件か回って、安売りの短パンを手に入れた。

そしてシュノーケリングの前にそこのダイビングショップの経営するバンガローへチェックイン。

島の宿はバンガローが主流で、ホテルなどは値段もぐっと上がる。

私達のバンガローはクーラーなしの扇風機の部屋で、水シャワー。
ドアの下に隙間があるのもタイならでは。

するとドアの下から太さ1.5cm位の長さ20cm位の何かが入ってきた!
蛇!?

私は発狂した。

蛇じゃないよと言って友達が笑って外に出した。

え?
又入ってくるんじゃない?
と言ったら、入ってきたら又出せば良いじゃんと言われた。


帰りたくなった…。


シュノーケリングの待ち合わせ場所に行くと、胸板の分厚いインド人男性2人も水着でやってきた。

彼らの濃い顔と胸毛に目を奪われているうちに私はやたらと蚊に刺された。

彼らの胸毛にさえ気を取られなければ…
と思った。

このワイルドなインド人男性達と一緒にシュノーケリングなのかとドキドキしていたら、
私はドキドキも何も感じないタイ人だけのボートへ。

若い女の子2人と、
熟年夫婦と私と海には入らないけど私に付き合ってボートには乗ってくれる友達。



水がとにかく綺麗だった。



水中カメラを忘れた事を後悔しました。
海の中の写真が1枚も撮れませんでした…。



シュノーケリングの後、夕陽を小さな島で眺めて帰るというコースだったけれど、
ボートのお兄さんが用意してくれたスイカを食べつつ、
それでもお腹が空いたタイ人のおじさんがワガママを言い出した。

スイカじゃお腹一杯にならない。
何か他に食べ物は無いのか、お腹空いた。
我慢出来ない。
早く帰りたい。

夕陽なんて船から眺めながら帰れば良いだろ。


おじさんはなんでこのコース選んだんだろう?と思った。



おじさんのワガママで結局私達のボートは先に戻る事に。


島で夕陽を眺める人達に後ろ髪を引かれつつ、私達のボートだけ帰り仕度…。



そしてエンジンの音をゴーゴー聞きながら慌ただしく眺める夕陽。



ゆっくり地平線に沈む夕陽を見たかったな…



ちなみに最後に1人ひと泳ぎしようと1人海に入って泳いでいたら、クラゲに刺されました。

ボートのお兄さんが、戻ったらマナオ(タイのライム)を刺された所に塗るといいと言われ、レストランでマナオ(タイのライム)をもらいクラゲに刺された跡へ塗りました。

寝ている間も痛みましたが翌日にはすっかり良くなりました。



1泊しかする事ができなかったリペ島。
絶対に又行ってみたい島の1つであり、次回はもっとゆっくり行ってみたいです。


南の島が恋しくなっていたところで、南への旅のお誘いがあったので、年明けに又別の島へ出掛けようと思います。

次はまだガイドブックへ載っていない島へ。


今年も1年間お読み頂きありがとうございました。

又来年頑張ります。


omake 通販
http://omake.shop-pro.jp

妄想旅行



インドに行った気分でインド料理。

ご飯友達がインドに行ってしまい、
インドの事を考えていたらどうしてもインドカレーが食べたくなって着地。

夜は欧米人で賑わうこのお店。
昼間はひっそりとしていて、
私ともう1組だけだった。



これで450円くらい。

1番右のエビマサラが私お気に入り。

写真にはないけれど、ここのキュウリのピクルスみたいなのも好き。

暇さえあれば格安チケットを探して妄想旅行。

タイの島にも行きたいし、
別の国にも行きたい。


どこでもドア下さい。



OMAKE通販
今日12月10日(日)は店舗営業いたします。
http://omake.shop-pro.jp

残り4日のお店番



今朝は大きな虹を見ながら通勤しました。



日本滞在も残すところあと1週間をきり、
また両親を2人っきりにしてしまう事を申し訳なく思ったり、
次はしばらく帰ってこない事を考えると、
あれも買わなきゃこれも買わなきゃと、
気持ちがバタバタしてきました。



いつかバス停で出会った知らないおじさんの言葉が、思い出しては胸に突き刺さる。

「海外に行けるのも親が健康だからこそ」



お店番も残りあと4日。

来月はクリスマス前という事もあり、1週間に1回、土曜日にお店を開ける予定です。

1年ぶりに店主がお店番に帰ってきます。

時間等はまた後ほどお知らせします。


Modernism lue coat 最後の1着が店頭にあります。
気になる方はご連絡下さい。





OMAKE通販
http://omake.shop-pro.jp

私の冬着


寒いのは嫌いだけれど、
晴れた雪道を歩く時は必ず童心に戻ってしまう。

言葉ではうまく説明できないけれど、
つい、遊びながら歩いてしまう。

雪道を楽しく歩く方法を、
雪国の人なら誰しも知っているんじゃないかと思います。



私はウールなどの冬の素材が苦手で、
昔は頑張って着ていたけれど、あまりに痒くなるのでいつからか着なくなりました。
真冬でも春や秋みたいな服装にベストやストールをぐるぐると。

ストールももちろんウール製品はダメで、
持っているのはコットンばかり。


そんな時出会ったのがこのストール。



触った瞬間に購入を決めました。


素材はシルク80%とコットン20%。

夏は涼しく、冬は暖かいシルク。


人間の皮膚と同じタンパク質でできているため、人間の肌に合う素材なのだそうです。


そして一見まん丸のボンボンに見えるのは手作りのタッセルなんです。



シルクは身につけるだけで美肌効果もあると言われているんだとか。


そんな事を知ったアラフォーのomake女子達はこのストールが手放せなくなっています。



以前にも紹介しましたが、寒い雪国でも大活躍してくれているので、もう一度紹介させて下さい。
omake買付け部のイチオシです。

omake通販
http://omake.shop-pro.jp

OMAKEの休日スタイル



昨日はとっても良い天気でした。


毎日寒くて、ヒーターの前から離れる事が出来ませんが、
紅葉が綺麗で、良い時期に帰ってきたなと感じています。


昨日の店主の休日スタイル。
オマケのdottera coat。
http://omake.shop-pro.jp/?pid=123603605

178cmのBOSSも、165cmの店主も、156cm(最近155cmになった気がします。)の私もみんなが着れるという不思議なコートです。

ちょっとそこまでっていう時にも、羽織るだけでバチっと決まってくれるのところもお気に入りです。


ちなみに私はこちらの帽子をかぶってお出掛けしていました。
http://omake.shop-pro.jp/?pid=120973831
私の写真はありませぬ。

今後も OMAKEスタッフの休日スタイルを紹介していけたらと思います◎



店頭ではサンプルセール、フリーマーケットまだまだ継続中です。

毎日新しい商品を追加しています。
掘り出し物がまだまだたくさんありますよ。


また、店頭にはネットにまだ出ていない商品も並んでいます。


OMAKE通販
http://omake.shop-pro.jp

明日オープンです


韓国旅を終えて昨日、日本に戻ってきました。

日本へ戻る日の朝、6:30ロビー集合という時間を超え、完全に寝坊し、BOSSが部屋まで来くるまでひたすら寝ておりました。


寝起きが悪い私は、
BOSSがなぜ部屋に来たかも分からず、
パンツ一丁で寝ていたので慌てて上だけ着て、下半身はドアに隠し頭だけでドアから顔を覗かせると、
「時間だよ。タクシー待ってる。」


「(やってしまった…)すみません。
今起きました。
すぐ行きます」

そっからの私は大慌て。

パッキングだけは前日に終えていたのでよかった。

歯も磨かず顔も洗わずに飛び出ました。


そしてそのまま歯も磨かず顔も洗わず日本へ帰ってきました。


これは1人だったら完全に飛行機に乗り遅れていました…



実はちょうど10年前も同じことをやって、BOSSだったか現モダン食堂のBOSSだったかに起こされ、歯も磨かず顔も洗わずに日本に帰ってきた記憶が。


こんな私ですが、明日からお店にいます。

遊びに来て下さい。



韓国最後の夜に食べた5年ぶりのカンジャンケジャン(カニの醤油漬け)が最高に美味しくて、興奮して寝坊したんだと思うな。

BOSSありがとうございます。







OMAKE通販
http://omake.shop-pro.jp

左手の薬指



ソウルの街を一人プラプラ。


根拠のない自信でいつも道に迷うのは毎度のこと。


とあるアクセサリーショップで指輪を眺めていたら、
お店のおばちゃんが色々オススメしてきた。


手を出してと言うので、差し出すと、
なんとおばちゃん私の左手の薬指に指輪をはめ始めた。

(え…薬指かい?
おばちゃん、薬指にはめちゃうのかい?まだ誰にもはめてもらったことないのに?)


満面の笑みのおばちゃんと、

苦笑いの私。


すぐ外してまた見ていると、
おばちゃんがまた私の手を取った。

そして指輪をはめた。



左手の薬指に。


(おばちゃん、もうやめてちょうだい…
2回もはめちゃうのね…。
1度も誰にもはめてもらった事がない上に見ず知らずのおばちゃんに2回もはめられてしまうなんて…まだまだ希望は捨てた訳じゃないのよ私…)



苦笑いののち、その店を後にしたのは言うまでもありません。


寒いけれど、空が青くてとても気持ちが良いです。



お昼はテンジャンチゲ




11/3-11/7まで発送をお休みします。
OMAKE通販 http://omake.shop-pro.jp


自称ハプニングのベテラン



今回の旅のハプニングも神がかっていた。

タイの空港のチェックインカウンターで私は困り果てて涙を流した。


チケットはBOSSのクレジットカードで買ったのでBOSSのクレジットカードを提示しないとこのチケットは乗れないという事だった。

いつも乗っているのに今回から厳しくなったのか、どうして良いのかわからなくなった。

チケットを買ったカードが無い場合、もう一度チケットを買わないとダメという職員。

BOSSに電話して、日本のコールセンターに電話してもらうも、BOSSが最寄りの航空会社に出向くか、お金を払わないといけないとの事。


確認を怠った自分を反省した。


迫る搭乗時刻。

さっきこれから出発しますとブログを更新したのに、私は出発できないんだろうか…。

同じ飛行機に乗る方々の熱い視線。


なんだか切なくなってきて、涙が出た。


泣きながらも、
絶対大丈夫。
絶対に乗れるはず。
こんなハプニング初めてじゃない。

と、
今までの強運を信じた。



すると、見兼ねたお偉いさんらしきおじさんが、何があったのかスタッフに詳しい事情を聞き、
本当はダメだけどと言って、別の方法を使って、チェックインさせてくれた。


あのおじさんの顔は絶対に忘れない。

搭乗時刻も迫っていたので、
私なんかが絶対に通れない所を通れるパスをもらい、手荷物検査と出国審査を終えて飛行機に乗り、美味しい物がたくさんある韓国へやってきた。




両替を済ませ、とりあえず水を買い、ハプニングが起こるのが怖いので空港のコンビニでsimカードも購入した。


バスに乗ろうと思いバス乗り場に行ったら、スーツケースが無い事にようやく気づいた。


あれ?
スーツケースがない。

どうしたっけ?


!!!!!


コンビニだ!

走った。

焦った。


思った。

私は、バカかな。

バカなのかな。






大好きな冷麺が食べたくて冷麺を食べたら、暑い所からやってきた私にはソウルの街は寒すぎて、
後半震えながら食べました。

今日はあったかいものを食べよう。


OMAKE通販 http://omake.shop-pro.jp


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Omake(オマケ) on Facebook

Recent entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

Profile

書いた記事数:384 最後に更新した日:2018/01/16

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

みんなのブログポータル JUGEM