オマケ | オマケ通販

七夕の短冊



今更なのですが、去年1年を振り返ってみると、
哀しくて泣いた事はパッと全く思い出せないけれど、
嬉しくて泣いた事ならすぐに思い出せるんです。


それは、
OMAKE夫妻の長女が、
七夕の短冊に、

「おまけのひとになりたい」

と書こうとしてくれた事。



結局、本番は別の事を書いていたけれど、その気持ちが、
親でもなく、オーナーでもないのに、
嬉しくて、
涙が出た。

お腹にいる時から、生まれてからもずっと今日まで、私達の仕事をそばで見てきて、
きっと、私達がしょっちゅう集まってミーティングをしていたりする事は、彼女にとっては嫌な事なんじゃないかと思っていた。

しかし、その理由が、

「なんか、たのしそうだから」

だったものだから、更に涙が出た。


私達の仕事が、彼女に伝わっていて、とても嬉しかった。


ミシンやりたいといつも言ってくれるのに、
最近はなかなか時間が取れなくて、
初めて教えてあげた時から、もうずいぶん時間が経ってしまった。


いつもお手紙ありがとう。

字が書けるようになる前からのお手紙も全部取ってあるよ。



今年はもっと時間を取れるように頑張るね。



さてさて、春物がどどっと並びました。
http://omake.shop-pro.jp

関連する記事
コメント
コメントする








   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Omake(オマケ) on Facebook

Recent entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

Profile

書いた記事数:396 最後に更新した日:2018/02/17

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

みんなのブログポータル JUGEM