online store

ラオスへ


旅をしながら暮らしたいと思っていたけれど、
やっぱり少しずつ衰えてきた気力と体力。

移動が続くと、心身共に疲れてしまうようになってきました。笑

それでもやっぱり旅が好きなんだなと思うのは、次の旅が決まった時のワクワク感や、
知らない国の、知らない街を1人で歩いている時の好奇心むき出しの自分。

そしてなぜかいつもomakeの物を探しながら歩いている自分。

気付くとomakeで売れそうな可愛い物や、生地だったりパーツだったりを、どこへ行ってもついつい探しながら歩いているのです。
これはもう職業病ですね。笑


今回訪れた国はラオス。

どこに行こうか考えていた時に、
部屋の本棚の中のカバーのかかった本が目に入り、
この本何だっけ?と手に取ったのが、
村上春樹の
ラオスにいったい何があるというんですか
でした。
まだ読みかけだった事を思い出し、
ラオスのページを探りました。

そして決めたのがラオスでした。


10年以上前に、北海道から新潟へ戻るフェリー乗り場で出逢った旅人の男の子。
一緒に新潟駅前の牛丼屋で朝ごはんを食べ、
鈍行列車で越後湯沢駅あたりまで一緒だった気がします。(前はもう少し覚えてたのに…)

その時、色々な国の話になり、
ラオスのルアンパバーン良かったー
という彼の言葉を忘れられずにいた今まで。

ようやく行くことが出来ました。

彼が旅をした10年以上前はもっと素晴らしい場所だったんじゃないか、
その頃を見たかったなと悔やまれましたが、ローシーズンの観光客が少ない時期は私にしてみたらまだまだのんびりしていて、散々悩んで決めたお宿も最高のロケーションで、別の街へ移動する予定を変更して最後までルアンパバーンの街で過ごしました。

観光地なのに押売りもない。
平和で、人も暖かく、のんびりとした時間が流れていました。


プロペラ機の窓から


お部屋からの眺め


今回宿泊したのは
Merry Riverside Hotel

agodaのセールを利用し格安で2泊、しかも勝手に同料金でお部屋をグレードアップしてくれていて、川の見えるお部屋に。
更にフロントにて連泊交渉し、全泊すごく格安で泊まれました。
おそらく川沿いのこんなに素晴らしいロケーションで、清潔で、朝ごはんに毎朝たっぷりフルーツ盛りがついて、格安で泊まれるのはここ以外にない気がします。(たぶん)



朝ごはんは川沿いのテラスで





少し出遅れて終わり寸前の朝の托鉢を見学



メコン川
(弟に写真を送ったら雨でも降ったのか?汚ねえーと言われたんですがこういう色なんです…。ワニも蛇もいないので安全なんだそう。ですが、私は足を入れることさえも無理です…)



328段?の階段を登った先のプーシーから眺めるルアンパバーンの街



市場





モン族のお母さんによる手仕事教室



ラオスのカオソーイ



カオソーイと一緒にドカンと出てくるこの野菜をちぎってライムを絞って乗せていただきます。
私はクレソンとホーリーバジルをたっぷりと乗せてライムもたっぷり絞っていただきました。



そしてこの美味しさは東南アジア1だと思うビアラオ。
私は特にビアラオダークが好きです。



少しだけ買い付けた私のお気に入りのカゴ



かわいいバッジ


他にもちょっとだけ買い付けてます。
来月お店に並ぶ予定です。


また次の旅を楽しみにお仕事頑張ります。




OMAKE通販
http://omake.shop-pro.jp

関連する記事
コメント
コメントする








   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Follow us

Recent entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

Profile

書いた記事数:500 最後に更新した日:2019/12/12

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

みんなのブログポータル JUGEM