オマケ | オマケ通販

こだま号


先日、もう10月か。

と思っていたら、
もうすぐ11月。

あと3日後には出国して途中寄り道して他の国へ。


帰国前はいつもやる事が多くて、バタバタで、荷物の準備もいつもギリギリ。

帰る前は、
あれ持って帰らなきゃ、これ持って帰らなきゃ、
と頭の中では思っていても実際準備の時にはスッカリ忘れている事も多々。


今回は、増えてしまった本を自宅の本棚に移す為少し持ち帰ろうと思います。


本といえば、
私が子供の頃住んでいた場所には、毎週1回こだま号というバスの移動図書館が来ていました。

毎週毎週その日が楽しみで楽しみで仕方がなく、バスが音楽を鳴らして近付いてくると嬉しくて飛び出ていたものです。

バスの外側の扉(車体?)がパカっと上に開くと、本棚が現れ、
バスのステップを上がり中に入ると、
薄暗い車内も本だらけ。

本に囲まれた車内は、すごくワクワクした。


本の匂いが、スゥーンと鼻に入ってきた。

その匂いがとても好きでした。


いつからか、こだま号の姿を見かける事も、音楽を聞く事もなくなりました。

あのバスはどうなったんだろう。


今はスマートフォンやタブレットで、いつでもどこでも読みたい本が読めるようになり、
荷物を担いで移動する私のような者にはとても便利になりました。

でも、やっぱり私は昭和の人間で、
やっぱり紙の本が好きで、
紙の匂いが好きで、
本屋という場所が好きで、
やっぱりどこへ行くにも1冊は必ず紙の本を持って出掛けてしまう。


来月、日本に帰って本屋を覗くのがとても楽しみです。



お店の再オープンまであともう少し。

今回も短い期間ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。



omake通販
http://omake.shop-pro.jp

kanta jacket



気軽に羽織れるジャケットは、 大人になってしまった私たちには欠かせないアイテムです。

でも、スーツのようなビシッとしたものはなかなか着る機会がないので、 カジュアルに羽織れて私らしさを出せる一枚を作ってみました。









シンプルなコットンジャケット。
ジャケットといってもワークジャケットのような感じです。
デニムやチノなどに合わせやすい、カジュアルなジャケットです。







袖口はループ状の紐にボタンを引っ掛けて止めるデザイン。
外して少し折り曲げても良い感じです。
一見、普通の合わせやすいジャケットですが、 襟裏と袖口裏にラリーキルトを使いました。

部長がインドで見つけてきた、状態が良く柄も素敵なラリーキルト。
布を重ねて、上からびっしりと細かく細かく刺し子してある、とても手間暇がかかった 美しい布です。
中でも、気に入った柄で針目が美しく、繋いだ生地も変なものがないものを、、、と 細かいところまで気を配ると、なかなか納得がいくものが見つからず 部長も大量の生地の山の中からやっと数枚を選び出して持ち帰りました。

どうやって使うかずっと考えましたが、表に付けてバシッとした印象を与えるより、
さりげない場所にこっそり使って、でもちょっとだけ見えるようにしたほうが より日常に溶け込んで使ってもらえると思い、 この場所に使うことにしました。

砂漠の遊牧民の女性たちがひと針ひとはり紡いだ針目がとても美しく、 ハサミを入れるときはとても緊張しました。

細かい布をつなぎ合わせた部分もあるので、 それぞれ1着ずつ柄の出かたも違いますし、 同じようにはとても作れないものです。
そのため、こちらはアソートとしてご用意をさせていただきます。
もちろん、ラリーキルトを使った部分だけではなく 脱いだ時にも美しく見えるよう、裏側も以前よりも気を配ったつもりです。 ボタンも、どの生地にも合い、上質な感じに仕上がるようなものを選びました。

ちらっと見せる大人の楽しみ方をお楽しみ下さいね。

袖を少し折り曲げて刺子を見せるのも可愛いですよ!

Size;着丈60cm身幅46cm肩幅39cm袖丈57cm袖口幅13cm襟幅7cm 素材;コットン100%

モデル160cm


omake通販
http://omake.shop-pro.jp

タイの東北


だいぶ前の話なのですが、ずっと行きたかった場所に行ってきました。

タイの東北(イサーン)、
ウドンタニにある、タレーブワデーン。

タイ料理で一番美味しいと思っているイサーン料理よりも楽しみにしていたのが、ここ、
タレーブワデーン。




広い広い湖は、
ここ本当に湖なの?と思うほど大きく、
もし天国があるとしたら、こんなとこなんじゃないかと思うほど、
壮大で、幻想的で、とても静かな場所でした。

寝れば大抵の事は忘れてしまう私でも、
日常のちょっとした苛立ちや、悲しみ、悔しさ、悩み、そんな事が本当にちっぽけである事を感じさせられた場所でもありました。


日が昇る前にボートに乗り込み、
ボートの上で朝日を眺め、朝日が昇るとボートは蓮の花の中へ。










シーズンは12月から2月までとの事。

次のシーズンも時間が許せば行きたいなと考えています。


ただ、夜明け前にウドンタニ市内のホテルを出発し、真っ暗な道を車でひたすら40分ほど進むので、もし車をチャーターする場合、夜道を運転手さんとたった2人は少し怖いです。
女性は2人以上がオススメです。

もしくは、バスも出ているそうなのでそちらの利用も可能だそうです。

トゥクトゥクをチャーターする方もいらっしゃるようですが、明け方はただただ寒いので、寒がりな方にはオススメしません笑。

(湖も朝はものすごく寒いです。)



あまり有名にもなってほしくはないけれど、ぜひオススメしたい場所です。


さて、冬支度はお済みですか?
omake通販
http://omake.shop-pro.jp

little rockcandy necklace


新しいクリスタルのネックレスが出来ました。


ギリシャ語の「氷」に由来したその呼び名の通りまさしく溶けない氷のような透明感や輝きを持っていることが特徴のクリスタル。



あらゆるマイナスエネルギーを払い、余分なものを排除して本来のクリアな状態にしてくれると言われていますので、最近不調と感じる人やネガティブな感情に悩む人におすすめなんだそうです。







そして、持ち主の願いを強化・増幅し、直感力や集中力を高めてくれるんだそう。

また、インスピレーションが高まり、良いアイディアが湧いたりクリエイティブな感性が磨かれることにも期待できるとの事。

恋愛成就、目的達成、健康祈願など、あらゆる願いを叶えてくれる、まさに万能のパワーストーン。

願い事を叶えたい、
幸運を呼びたい、
人間関係を円滑にしたい、
金運も恋愛運も仕事運もまとめてアップしたい、
ストレスを癒し健康的になりたい、

などなど、叶えてくれるそうですよ◎
また御守りとしての役割も◎

長さも2サイズご用意しました。
プレゼントにもオススメです◎




omake通販
http://omake.shop-pro.jp

Instagram
https://www.instagram.com/omake_japan/?hl=en

11月3日はころもがえ市



11月3日(金)
わらべっこさん主催の
「ころもがえ市」に出店します。

場所
新潟県十日町市本町1丁目
本城院護国寺
https://m.facebook.com/Warabekko/
10:00-14:00


駐車場は十日町市役所の駐車場をご利用下さい。

ネットショップで気になる物があるけれど、実際に手に取って見てみたいというものがございましたら事前に
omakejp@gmail.com
までご連絡下さい。
会場へお持ちします◎




新作のネックレスが並びました。
omake通販
http://omake.shop-pro.jp

Instagram
https://www.instagram.com/omake_japan/?hl=en

手仕事ボタン



今回作ったdottera coat。


ボタンに使用したのは、
何年か前に手にし、大切にずっと持っていた、インドの最西端に位置するグジャラート州の手仕事。


世界で1番古い刺繍工芸品が発見されたこの土地は、
刺繍発祥の地として知られています。

昨年、東京の文化学園服飾博物館で開催中だった世界の刺繍展を見学に行った際、やはり目をひいたのはこの地方の刺繍工芸でした。

写真を撮ることが出来ないので、
学生時代に戻ったように必死でメモを取りました。


その手仕事の美しさはもちろんの事、歴史を知り、又更にハサミを入れる勇気がなかったのですが、
今回ようやく思い切ってボタンに。








手仕事の魅力は、
作った人の温もりを感じる事が出来ること。


たった一つのボタンですが、作り手の思いがたっぷり詰まった、温かいボタンが出来ました。


私はいつもついつい、作り手さんの作業風景を想像してしまうのです。


omake通販
http://omake.shop-pro.jp


dottera coat


我がomake製作部のスタッフ、男女合わせて最大身長差が22cm(156cm〜178cm)。

その身長差でも着られるアウターがついに出来ました。



本当にどうした、omake製作部。
今年はメンズも着られるものが続々と仕上がっています。



ワンボタンのコートです。
以前、レディースのワンボタンのものを作りましたが、 だいぶ細身に仕上げた前回のコートと違い 今回は背の高い方も着られます。



脇下部分から裾に向かって細くしたデザイン。
そのため、身長があまり高くない女性も着られます。

身長の高い男性が着るとロングジャケットのような雰囲気。
女性が着ると、ちょっとボリュームのあるアウターといった感じで、 ぶかっと感がとてもかわいいのです。

肩はドロップショルダー。
アームホールが記載してありますが、 実際にアームホール部分は女性が着ると二の腕くらいの位置にきます。
ここも、男女兼用で着られるポイントです。
女性が着ると袖が長めなので、くるくるっとロールアップしてみてくださいね。
もしくは、すごーく細身の方は思い切って袖丈は直してしまうのもおすすめです。

素材はコットン。
パリパリっとしたような、でも触った感じは肌に吸い付くようななんと言うか コットンでも肌触りが良く風合いが面白い生地を使いました。

ボタンは今回は民族生地を使って作りました!


1つひとつにハンドステッチが入っていて、シンプルなコートに暖かな雰囲気が出ます。

首元はVネック。
ボリュームのあるストールやマフラーも合わせられます。
普通そうに見えて、Vネックの開き具合やボタンの位置によって 雰囲気が大きく変わります。

裏地がないので、脱いだ時に裏が見えても綺麗なようにと 裏側の処理も気を配りました。

今の季節の軽めのアウターとして、 寒くなって着たらコートの内側に。

ボス、スタッフ一同もお気に入りの一枚が仕上がりました。



モデル160cm

Size;着丈104cm 身幅57cm 裄丈80cm アームホール20cm 袖口幅12.5cm 素材;cotton100%



omake通販
http://omake.shop-pro.jp

kochi shirts JK


メンズのリリースが続きます。
前々から温めていたメンズが、ここに来て一気に仕上がって来ています。

どうしたomake製作部。
今年はなんだかいつもよりもモリモリと製作しています。

こちらも、バリバリっとしたコットン生地を使ったシャツジャケットです。






なんと裏地も付けました。
真夏以外着ていただけるように、半裏の裏地にしました。

形はシャツですが、ジャケットとして機能する厚さです。

ポケットだってたくさん。
表には、蓋つきのポケットが二つ。
内ポケットも二つついています。

これがまたとっても便利!
iphoneが入る大きさのポケット。
ちょっとしたメモやペンも入れられますし、 子供とお出かけした時に、こっそりと渡すおやつを隠しておくこともできます。

また、肩の作りも特徴的です。
前から見ると普通のシャツですが、背中側の作りがラグランなのです。
ボスが着た時になんだかしっくりくるなー、とコメントしていたように、 よくあるシャツジャケットよりも着やすいのです。

そして、何よりのポイントとして 大好きなアフガニスタン・コチ族の生地を使いました。
ダークトーンの中にひときわ映えるポップな色合いが秋冬の重い色合いの中で良い感じです。
脇の下にライン状に入れたので、動くとちらっと見えます。

民族生地の部分は同じものがないので、 それぞれ一点ものです。

今シーズンのメンズはお試しも兼ねているので お値段は控えめで手間をかけました。

ぜひともお試しいただきたい一枚です。

size: 着丈72cm 身幅55cm 裄丈81cm 衿幅6.5cm 袖口幅14.5cm
cotton100%(コチ生地部分を含まず)

通常のLサイズに近いです。
着用モデルは165cmの細身の体型なので、袖をロールアップして 少し大きめに着ております。
画像にはありませんが、178cm76kgのomakeボスがジャストサイズで着られます。


※一度洗いをかけて仕上げております。 デニムのような感じで、生地にアタリが出る生地を使用しております。
折り曲がった所などに筋のような感じのものが出てきますが、 それもまた風合いとして捉えております。

自分だけの身体に馴染む感じをお楽しみ頂ければと思います。

※民族生地部分は古い生地を使用しております。
選ぶ時に確認はしておりますが、多少のシミ、ほつれなどがある場合がございますので、 そのような事をご理解いただける方のみご購入をお願い致します。



実店舗は11/9より11/30まで再オープン予定です。
omake通販
http://omake.shop-pro.jp

RT onepiece


近頃すっかり字を書く機会も少なくなり、漢字や書き順を日々忘れていっている私。

最近朝食の後に写経を始めました。

字をゆっくり書く事と、物忘れ防止の為に始めた写経でしたが、
よく調べてみると精神の安定などにも繋がるそうですね。

高校を卒業するまで書道を習っていましたが、今こうやってゆっくり字を書いてみると自分の癖がよくわかり、これを習っている時に気付けば良かったなと、書道から離れて20年近く経ちようやく反省しているところです。

忘れっぽいので、時々写経をする事も忘れてしまいますが、生活のリズムにうまく取り入れていきたいと思います◎



さてさて、新入荷のお知らせです。

今まではコートとして作っていたアイテムですが、
ワンピースとして着たいなあ、と思ったので 生地を変え、ちょっとアレンジをして作ってみました。







何度か作っていて自分でも生地違いで着ているほどお気に入りワンピースです。
縦長のすっきりとしたライン。

後ろのほうが少し長めになっているデザインです。

厚手のシャツ生地といった感じの生地です。

前たての部分、比翼仕立ての内側にはインド綿の植物柄の生地を合わせました。 チラリと見える柄が着こなしのアクセントとなります。



襟元は小さめのスタンドカラーです。
ストールを巻いても邪魔をすることがない、巻物好きにはとても便利な襟です。

細かいところにこだわった、ずっと活躍しそうな一枚が出来ました。









size:着丈94cm/100cm身幅52cm肩幅37cm袖丈56cm

モデル160cm



実店舗は11/9-11/30まで再オープン致します。
Omake通販
http://omake.shop-pro.jp

店舗再オープンのお知らせ



いつもありがとうございます。

来月11月9日より、11月30日まで短い期間ではありますが、店舗を再オープン致します。

営業時間は11:00-18:00


お休みは月曜日です。


期間中は素敵なイベントを現在計画中です。


ぜひ遊びにいらしてください。





Omake通販

http://omake.shop-pro.jp


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Omake(オマケ) on Facebook

Recent entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

Profile

書いた記事数:367 最後に更新した日:2017/11/20

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

みんなのブログポータル JUGEM