オマケ | オマケ通販

HAPPIE jacket



久しぶりにメンズのリリースです。

海外も好きだけれど、古い物も大好きなomake製作部。
古い生地やテイストも大好きなポイントです。

リネン100%のしっかりとしたリネンの生地。

これを見つけた時にどんなものにするのか悩みましたが リネンならではの風合いと落ち感が気に入り、上着を仕立てることにしました。



ここ最近好きだった日本のテイストを少し入れたぶかっとしたアウター。
肩の切り替えがないのでどんなサイズの方でも着ていただけます。



両サイドには大きなポッケ。
アウトポケットではなく、まるで服のデザインの一部のような形で作ってある 大きなポケットはスマートフォンからお財布まですっぽりと入ります。





前を留めるのはフェイクレザーのループと、Thai北部で見つけた ハンドメイドのパーツ。
カラフルな糸をふんだんに使った、インパクトのあるパーツの 鈴の部分をボタン代わりに使って留めます。

個性的なデザインに仕上がったアウターだと思います。
そして、実は袖をロールアップして女性が着てもとても可愛いのです!

メンズと言いながら、個性的な女性にもぜひ着ていただきたい一枚です。

Size;着丈84.5cm身幅78cm裄丈76cm袖口幅14cm
素材;linen100%

注意:パーツのカラーは選べません



omake 通販 http://omake.shop-pro.jp

frog pants



omake/ frog pants

Omakeのメンズ、久しぶりのパンツです。





切り替えが面白いパンツで、その切り替えによって、固い丈夫な生地でも履き心地が悪くないようになっています。

もも部分は少しふと目、その下は少し細めの形です。
履いたときに、あれ?っと思うような意外な形のきれいさが自慢です。

前には独特な形のポケットが1つ。
これはスマホ用のポケットです。もちろんタバコもOK!



サイドのポケットに入れて、ポケットの中でもごもごする感じが気になったので 思い切って別の場所に専用ポケットを付けてしまいました。
意外と具合が良いです。


Size;32inch;ウエスト40cm股上30cm股下70cmワタリ28cmすそ幅18cm 34inch;ウエスト43cm股上32cm股下70cmワタリ30cmすそ幅19cm



モデル177cm普段は32インチを履くようですが今回は34インチ着用


Omake通販
http://omake.shop-pro.jp

maekake


Omake

maekake

たまにイベントなどに呼んで頂くと うきうきしながら皆で出かけて行きます。

出店では、皆さまとお話できる貴重な機会ですし、
他の出店されているお店を覗くのもとても楽しい時間です。

そんな時に、服の上にボディバッグのように着けていたエプロンを いいね、と言って頂くことが多く、今回作ってみることにしました。





シンプルなコットンキャンバスの前掛けです。
大きめのポケットが2つ。
工具などを引っ掛けておくレザーも取り付けましたが、
私たちがこ工具を使うことはほぼないので、ペンを引っ掛けたり
カラビナをつけてアウトドア用のコップや鍵などちょっとしたものを引っ掛けたりしています。





ポケットの上にはデニムのリベット。 見た目のアクセントにもなりますが、補強にもなっています。





斜めがけして使うことが多いですが、 もちろん普通に着けていただくことも出来ます。









色は全部で5色。

黒、カーキ、マスタード、キナリ、デニムです。

お好きなものを服に合わせてどうぞ。

Size; 58cm/41cm 紐の長さ 片側60cm 素材;cotton100%



omake通販
http://omake.shop-pro.jp

インド1人旅


短い時間だったけれど、
一緒に過ごした仲間に見送られ、
タクシーに乗り、
帰りたくないなと思いながら、涙をこらえていたら、
見つけたバス。




[ GOOD LUCK ]

の文字が、自分に言われているみたいで涙が出た。


海が見たくて、
仕方なくて、
なぜか、
ここに来た。

そして、
なぜかこの国に来ると、
涙が出る。

なぜだかわからないけど、
初めて訪れた時も、
今回も、
何気ない景色を見ながら、
涙が出た。


無我夢中でチケットを検索して、
嫌だったVISAの申請もすんなりとこなせた。

何も考えず、
海を見て、
ただただ、ぼーっとしよう。
そう思って来た。

海を見ながら少しビールで飲もうかな、なんて思っていたけれど、
結局、旅行中、1滴もアルコールを飲まなかった。



昔から、1人でフラッと海へ来ては、
1人でずーっとぼーっとしてた。
潮の匂いがしてくるとワクワクして、
海に着くと、何度も何度も深呼吸を繰り返した。

潮の匂いを嗅いでるとなぜか落ち着く。

私は、母のお腹にいる時から休みの日といえば海で、
母はお腹の中に私を抱え、臨月になっても夜中の父の海釣りに付き合っていたそうだ。

子供の頃は

また海?
海じゃない所がいい…

なんて言ってた。

いざ、海まで果てしなく遠いところに来てみると、
海が見たくて仕方なくなる。



現地で知り合った人の所に、
お邪魔して、三食付きで、
毎日インド料理三昧。

彼等の作るチャパティは絶品だった。
チャパティの焼き方もそれぞれ違って、
ギーの塗り方1つも面白くて、
性格が出ていた。

レストランで食事するのは嫌いなんだ。
レストランはマズイ。
という彼らの作るインド料理はビリヤニから何から何まで本当に最高だった。













こんな事書いたら主婦の皆さんに怒られそうだけれど、毎食何を作ろうか、何を食べようか、 そんな小さな事からからも解放され、
本当に何も考えずに済んだ。

考える事と言ったら、
通り過ぎる人を見ながら、
あの人はどこから来たんだろう?
そんな事くらいだった。




食事中、
「これ食べていい?」
と聞いた私に、
ここではみんなが家族なんだから、食べていいかなんていう許可はいらないんだよ。
食べたい物を食べればいい。

一緒に食事をしている人の事考えながら食事をするのは日本人の良いところだと思っていた。

ここでは、気にしなくていいみたいだ。

ただ、服装には彼等の好みに気をつけないといけないようで、
出掛ける時に、その服で行くのか?
着替えてくれ。
好きじゃない。
おばあちゃんみたいだ。
まださっき着てたパジャマの方がマシだ。
と言われ、
爆笑した。



ビーチにいると、
様々な国の人がいて、
色んな人がいて、
人目なんて気にする事なく、
それぞれ思い思いの過ごし方で過ごしている。


私がお世話になったインド人の中に、
毎日ビーチにナンパに出掛けているという人がいた。

散々お世話になっておきながら連絡先交換は私もサラッとかわした。






今回の旅で、
自分の中のこだわりといううか、神経質な部分が又少し壊れた気がします。

大きな事を1つ言えば、
インド人に習い、
トイレが終わった後、紙で拭かずに水で流して終わり、
という、今までに避けて来た偉業を成し遂げたら、
こんなに綺麗で清潔な事は無いと思い、 トイレットペーパーとサヨナラできました。
(ただ、暑い国だからこそできる事。)


来るまでは少し不安になって、
もし何かあったらどうしようかと考えたりもしたけれど、
来て良かった。
本当に来て良かった。

又いつでもおいでと言ってくれたみんな。

ありがとう。

又きっとすぐ来るよ。


オマケ通販
http://omake.shop-pro.jp

二十歳



昨日は全国各地で成人式。

成人式を迎えた皆さんおめでとうございます。


私の故郷でもあるOMAKEのある新潟県十日町市は、
成人式は5月3日なのです。


残念ながら私は1度も振袖を着る事がなく、年を重ねてしまい、
一昨年、弟の結婚式で着物を初めて着させていただきましたが、
振袖は遠慮しました笑


20代の前半は、葛藤が多くて、悩みも多くて、苦しかった。


きっと多くの人が、同じように悩んで、通ってきた道。


今振り返ると、何をそんなに悩んでいたんだろうと思うけれど、
乗り越えなければならなかった事であって、
それを乗り越えたからこそ今の自分があるんじゃないかなと、

でも、乗り越えられたからこそ言える事なんだよな、とか、そんな事を考えています。



考え事なら今もたくさんあって、
悩みは何歳になっても尽きないけれど、
適当に?適度に?悩み事と考え事と付き合って行きたいと思います。


まだまだ寒い日が続きます。
お身体に気をつけて下さいね。
omake通販
http://omake.shop-pro.jp



あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。




お正月はいかがでしたか?

2018年もどうぞよろしくお願い致します。

明日1月5日より発送を開始致します。


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

私は昔からお餅とか、
おこわとか、お赤飯があまり好きではないのですが、いざ日本を離れてみると、元旦の朝、必ず食べたくなる物があります。


お盆か、お祭りだったか、両親の実家に行くと、必ずお赤飯が出てきて、困った思い出があります。

嫌いという事をずっと打ち明けられず、
白いご飯もあるよ、どっちがいい?

と言われると、ほっとしたものです。


お正月の朝に、お雑煮を食べるという習慣も苦手で、お正月を両親の実家で過ごしていた子供の頃は、
お汁粉もあるよ、どっちがいい?

と言われると、どっちも嫌だと言えず、これまた困り、頑張って食べていたという思い出も。


大人になり、
新潟に戻り、
お正月に家にいるようになった頃には、
母はお正月は仕事という職についていたので、
元旦の朝、父がいつもお雑煮作ってくれていました。

弟達が結婚して家を出て、元旦の朝に、
私とたった2人きりになっても、
父は決まってたっぷりのお雑煮を作っていました。


朝起きると、

雑煮作ってあるよ。

と言われ、

好きじゃないんだけどな…

と思いつつ、しぶしぶ頂くというそんな繰り返し。


日本を離れる直前のお正月に、思い切って、

私、お雑煮好きじゃないんだけど。
そもそもお餅が好きじゃない。

と言ってみました。


そしたら父は、

俺も雑煮好きじゃない。
そもそも俺も餅が好きじゃない。


え!!
だったら作らなくていいよ!
私達しか食べる人いないんだし。

と言ったら、

でも、元旦の朝は、やっぱりこれを食べなきゃ1年が始まらない気がするし、ダメな気がする。

と言うので、

そうだね。

と言って、
いただきました。



こうして日本を離れてみて、
元旦の朝になると、
好きでもないのに、
父のお雑煮が食べたいなと思います。


今年も父はお雑煮を作って1人食べていたのでしょうか。


無いと無性に食べたくなるもの、
ありますよね。



omake通販
http://omake.shop-pro.jp




タイ最後の楽園 リペ島


※年内の発送は明日が最後となります。
年明けは5日より発送を開始致します。


先月お店番中にお客さんとリペ島の話になり、タイ最後の楽園とも呼ばれているらしいリペ島のブログが完結していないことを思い出しました。

気になる人だけお読みください。
一気に完結させたいと思います。




リペ島に上陸後、友達の友達がいるというダイビングショップへ。


残念ながら友達の友達はいなかったけれど、 シュノーケリングをやるかやらないか、
という話になり、
友達はlady's dayで入れないし、

私も水着を持ってきていないから入らない。

と言ったら、ショップの人と友達は、
レギンス持ってるならレギンスで入ればいい。
せっかく海に来て潜らないなんてもったいない。
上はTシャツで。

と口を揃えて言う。

レギンスで海?

それはノーパンでレギンスを履くのだろうか?

ありえない。ヤダ。

と言うと、2人で日本人は恥ずかしがり屋だからねー。
と言った。


恥ずかしいとかそういう問題じゃないけどだったら短パン買って入るよ。

と、短パン探し。


さすがリゾート。

値段が高い。


何件か回って、安売りの短パンを手に入れた。

そしてシュノーケリングの前にそこのダイビングショップの経営するバンガローへチェックイン。

島の宿はバンガローが主流で、ホテルなどは値段もぐっと上がる。

私達のバンガローはクーラーなしの扇風機の部屋で、水シャワー。
ドアの下に隙間があるのもタイならでは。

するとドアの下から太さ1.5cm位の長さ20cm位の何かが入ってきた!
蛇!?

私は発狂した。

蛇じゃないよと言って友達が笑って外に出した。

え?
又入ってくるんじゃない?
と言ったら、入ってきたら又出せば良いじゃんと言われた。


帰りたくなった…。


シュノーケリングの待ち合わせ場所に行くと、胸板の分厚いインド人男性2人も水着でやってきた。

彼らの濃い顔と胸毛に目を奪われているうちに私はやたらと蚊に刺された。

彼らの胸毛にさえ気を取られなければ…
と思った。

このワイルドなインド人男性達と一緒にシュノーケリングなのかとドキドキしていたら、
私はドキドキも何も感じないタイ人だけのボートへ。

若い女の子2人と、
熟年夫婦と私と海には入らないけど私に付き合ってボートには乗ってくれる友達。



水がとにかく綺麗だった。



水中カメラを忘れた事を後悔しました。
海の中の写真が1枚も撮れませんでした…。



シュノーケリングの後、夕陽を小さな島で眺めて帰るというコースだったけれど、
ボートのお兄さんが用意してくれたスイカを食べつつ、
それでもお腹が空いたタイ人のおじさんがワガママを言い出した。

スイカじゃお腹一杯にならない。
何か他に食べ物は無いのか、お腹空いた。
我慢出来ない。
早く帰りたい。

夕陽なんて船から眺めながら帰れば良いだろ。


おじさんはなんでこのコース選んだんだろう?と思った。



おじさんのワガママで結局私達のボートは先に戻る事に。


島で夕陽を眺める人達に後ろ髪を引かれつつ、私達のボートだけ帰り仕度…。



そしてエンジンの音をゴーゴー聞きながら慌ただしく眺める夕陽。



ゆっくり地平線に沈む夕陽を見たかったな…



ちなみに最後に1人ひと泳ぎしようと1人海に入って泳いでいたら、クラゲに刺されました。

ボートのお兄さんが、戻ったらマナオ(タイのライム)を刺された所に塗るといいと言われ、レストランでマナオ(タイのライム)をもらいクラゲに刺された跡へ塗りました。

寝ている間も痛みましたが翌日にはすっかり良くなりました。



1泊しかする事ができなかったリペ島。
絶対に又行ってみたい島の1つであり、次回はもっとゆっくり行ってみたいです。


南の島が恋しくなっていたところで、南への旅のお誘いがあったので、年明けに又別の島へ出掛けようと思います。

次はまだガイドブックへ載っていない島へ。


今年も1年間お読み頂きありがとうございました。

又来年頑張ります。


omake 通販
http://omake.shop-pro.jp

年末年始の発送業務について



慌ただしい年末、いかがお過ごしですか?

年末年始の発送業務についてお知らせです。

年内の発送は30日が最後となり、
新年は5日より発送を開始致します。


今年も一年ありがとうございました。

皆様、良い年をお迎えください。


omakeスタッフ一同



omake通販
http://omake.shop-pro.jp



今週の営業日です


明日12月23日(土)

12:00-17:00

まで店舗営業いたします。

明日が年内最後の営業日となります。

みなさま素敵なクリスマスを♪




omake通販
http://omake.shop-pro.jp

egg hat クリスマス特別価格



昨日乗ったタクシーの運転手さん、
「メーターで行くから俺のご飯代20THB(約60円)追加ね」

「イヤです。じゃあ乗りません。」

※60円を余計に払いたくないんじゃなく、
こういう事を言ってくる運転手が嫌いなだけです…

「ちょっと待って待って!わかった!20THBいらないから!」


その後乗車するとひたすら話を続け、疲れていたのでちょっと面倒になり、携帯を出して携帯を見ていたら、
タイの歌は歌えるか?と言い、大声で歌を歌い出した。

疲労とうるさいのとで、泣きそうになった。

やめて下さいと何度も言いかけた…。

その歌声は目的地近くまで続いたのでした。


さて、お知らせです。
クリスマス特別価格でOMAKEの帽子、
egg hatが今だけ3900円で販売中です。





MからLLまでご用意があります。



もっともっと多くの人に被っていただけたら嬉しいです。

街中で、自分の縫った帽子を被っている人を見かけるとつい声を掛けたくなる衝動にかられ、
グッと我慢しています笑

日本滞在中に小中学校時代の先輩達と飲みに出ましたが、先輩が私の作ったegg hatを購入して、被ってくれている事がとても嬉しかった。

egg hat




自分達の作った物を身に付けてくれているお客様に出逢うと、
本当に嬉しい。



いつもありがとうございます◎


2017年もあとわずか。

もう少し頑張って全力で駆け抜けます。

OMAKE通販
http://omake.shop-pro.jp


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Omake(オマケ) on Facebook

Recent entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

Profile

書いた記事数:417 最後に更新した日:2018/06/21

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

みんなのブログポータル JUGEM